庄司いずみベジタブル・クッキング・スタジオ、
今年もやってまいりました、味噌仕込みレッスン!

3回目の開催となります、味噌仕込みを教えていただけるのは、
味噌やたまりの一大生産地である愛知県知多半島にある
明治12年創業の老舗味噌屋、中定商店の6代目、中川さんにお越しいただきました!

味噌は甘味が強かったり塩気が強かったり、地域によって千差万別。
それは原材料の違いが多く関係して来ます。
名古屋といえば、豆味噌が有名ですね。
八丁味噌など、こちらのお店でもよく見かけます。八丁味噌の由来は、岡崎城から八丁離れている場所に蔵があったから、なのだそう。面白いですね。

愛知では毎日のお味噌汁に赤味噌のお味噌汁が出てきますが、関東では
米か麦が一般的ですよね。
豆味噌を作れる機会なんてなかなかないので、生徒さんたちも豆味噌率が高めです。

豆味噌をつくる過程でにじみ出た汁を”たまり”といい、これを取り出したものがしょうゆの原点なのだそう。
普通のしょうゆよりも塩分が控えめで旨味がたっぷりと凝縮されています。
しょうゆと違って小麦が入っていないので、小麦アレルギーの方にもいいですね。

中定商店さん先人たちが使っていた道具や建物を、貴重な財産として伝えたい。と今から30年ほど前に『醸造伝承館』を開館。
貴重な資料や道具の展示、味噌の製造方法の見学もできるそうなので、
お近くにいかれる際にはぜひ、お立ち寄りくださいね。
味噌やたまりを使用した様々な食品も販売されています。

中定商店の中川さん、本日はどうもありがとうございました!
大変勉強になりました。
レッスンにご参加いただいた皆様も、どうもありがとうございました!
出来上がりが楽しみですね。