ヴィーガン界で今もっとも注目されているレストランといえば、なんといってもLito rukka(リトルッカ​)でしょう。
閑静な住宅街にある隠れ家のような居心地のよい空間、そしてとびきりのヴィーガンコース料理。

面白いのはWシェフ体制です。
アーリー 琢磨シェフは祖母がイタリアン、父がフレンチ料理人という家庭に生まれ、イタリアンレストランで修業を積んだ後にイタリアン料理店をオープン。が、本場の味を学びたいという思いでイタリアへ渡ります。

一方の井上さなシェフは、インテリアデザイン建築を学ぶためイタリアで生活するうち、イタリアのスローフード運動など、地産地消の意識の高さに感銘を受けたとか。
その後、農家の経営するヴィーガンレストラン(アグリツーリズモ)で料理長をつとめることに。

そんな2人がイタリアで出会い、チームを組んでヴィーガン料理家としての活動を開始。
驚くほど美しい、ヴィーガンのケータリング料理で評判を呼んだ後、リトルッカのシェフをまかされたのが2018年秋のこと。

 

『リトルッカは、オーガニック野菜のイタリア料理レストランです。
お料理はすべて植物性。
私たちは心や身体に優しいこと、そして地球にも優しいことを大切にしています。

野菜の美味しさを最大限にいかすために、お野菜は自然栽培または有機栽培のものを厳選しています。
農薬や化学肥料を使わずに作られたお野菜は、エネルギーにあふれ、一口食べるごとに元気がでてきます。

ベジタリアンの人も、そうでない人も。
優しくて美味しくて、身体が喜び、心も満たされる。
そんなお料理をリトルッカは提案していきます。』(リトルッカホームページより)

2人のシェフが就任した後のリトルッカの快進撃は目を見張るばかりですが、HPに書かれているとおり、お料理はとにかく丁寧。心をこめて作った宝石のような一皿一皿が、訪れる人を魅了しています。

 

 

 

そんなリトルッカのとびきりのディナーを楽しむ夏の夜。

今回はメニューもスペシャル、通常のコースではなく、この夜だけの料理をご用意いただきます。
また、さらにスペシャルなのは、提供されるワイン。
さなシェフのご実家でつくってらっしゃるという、低農薬のブドウのワインは、今回の会だけの提供。ほかでは絶対に飲めない貴重なもの。
お酒を召し上がらない方には特製のしぼりたてブドウジュースが振る舞われます。
(*ワンドリンクは参加費に含まれます。2杯目からは追加料金になります)

料理は以下を予定しています。

・アペリティーヴォ(アミューズ)
・季節の前菜3皿
・冷製スープ
・特製チーズを詰めたラヴィオリ veganデミグラスソース
・サマートリュフをふんだんに使った贅沢リゾット
・雑穀コトレッタ(カツレツ風)とサマーポルチーニのソース
・特製デザート


リトルッカのファンの方も、まだ未体験の方もこの機会にぜひどうぞ。


●日時/8月24日土曜日 18時半〜、2時間程度

●会場/リトルッカ

●参加費 9720円(ワンドリンクつき)

●定員 12名限定(プレミアム会員/プレミアムプラス会員限定イベントです)

 


*こちらのイベントは、ベジタリアン・キュイジーヌ・サロン、プレミアム会員(プレミアムプラス会員)限定イベントです。参加希望の方は、サロンご参加の後にお申し込み受付いたします。

入会ご案内はこちら

*お申し込みは必ず必ずメール(vegestudio@shoji-izumi.tokyo)にてお願いします。
*前払いをお願いしています。お支払いいただいたのち、お席確保いたしますのでご了承ください。

 

 

 

ベジタリアン料理を楽しみ、学ぶコミュニティ

『ベジタリアン・キュイジーヌサロン』に参加したい方は

https://camp-fire.jp/projects/view/119002

 

ベジタリアン料理、ヴィーガン料理のレッスンを受けたい方は。

『庄司いずみ ベジタブル・クッキング・スタジオ』

http://shoji-izumi.tokyo