庄司いずみベジタブル・クッキング・スタジオ、
オリンピックイヤーの2020年、最初のレッスンは、塩抜きダイエットクラス。
みなさま、良いお正月を過ごされましたでしょうか?

普段よりも美味しいものをたくさん食べる機会の多い年末年始。
そんなお正月明けにぴったりの、塩抜きダイエットで身体のリセットしちゃいましょう!
ルールはたった一つ、料理に塩または塩を多く含む調味料を使用しないこと。
たったそれだけ。

旨味成分の多い、きのこ類や、トマト・トマトの加工品、乾物などを上手に使用するのは毎回ご紹介させてもらってますが、
少し甘みを効かせるのも塩抜きレシピではポイントです。
コーンなどの甘みのある素材を使うのもいいですね。
甘みといえば……。今回は豆もレシピに取り入れました。水煮のものは塩を含むからドライパックがおすすめです。

本日のメインはビーフストロガノフ風。
お肉のような見た目や食べ応えのあるきのこ。何より塩抜きレシピでは旨味成分のグアニル酸がたっぷりのきのこは外せない素材。きのこ祭りです!

ごぼうのミートボール風。塩抜きおかずに便利なのがトマト素材。特におすすめがトマトペースト。味がギューッと詰まっているので塩抜きなのに、味をしっかり感じさせるお助け素材なのです。

ご飯にスパイスやハーブなどを混ぜ込むことで、塩抜きおかずのあとひとつ物足りなく感じてしまうのをカバーできます。
ごぼうのミートボール風には、トマトペーストでつくるケチャップ風も添えましたが、隠し味のトマトのせいか「このままで十分!」との声多数。食べ応えも十分で、この日生徒さんの一番の人気でした。

次回塩抜きクラスは3月7日土曜日、そして18日水曜日。詳細はこちら。
平日開催はなんと初めて! ぜひご参加くださいね。

ベジタリアン料理、ヴィーガン料理のレッスンを受けたい方は
『庄司いずみ ベジタブル・クッキング・スタジオ』(スタジオ総合案内)
http://shoji-izumi.tokyo
*レッスンスケジュールはこちら
http://shoji-izumi.tokyo/?page_id=15968
ベジタリアン料理を楽しみ、学ぶコミュニティ
『ベジタリアン・キュイジーヌサロン』に参加したい方は
https://camp-fire.jp/projects/view/119002