庄司いずみベジタブルクッキングスタジオ、
連日雨がつづき、台風も迫る中、気分もふさぎがちになりそうですが、
いつも太陽のように明るく元気!周りにいる人たちも元気になれる、
韓国・ソウルからわざわざお越しいただいた菜食料理家、李さんのレッスンが開催されました!

 

マクロビオティック以外にも幅広く勉強をされている李さんは、
わたし達の顔を見ただけで「肝臓(腎臓)が疲れてるね」など言い当てられ、
“あぁ、そういえば最近、揚げ物で油ばっかり摂ってるなぁ〜”なんて、反省することもしばしば。
「〜を食べるようにするといい。」とか、「〜を控えるようにした方がいいよ。」など、
とても為になるアドバイスを教えてもらえたり、とにかく李さんのお話は興味深く、面白いのです。

 

これまでのレッスンでも、何度かキムチを教えていただいておりますが、
今回は”大根とリンゴのカクテキ”です。
カクテキって?何となく想像ができるかもしれませんが、そう!
角切りにしたキムチのことなんですね!カクテキ=大根ってイメージがありますけれど、角切りにしたら大根でなくてもカクテキになるんですね。

 

こちらが大根とリンゴのカクテキ。
次の日にはもう食べられます。この大根をつけているタデギが美味しい!
白菜や小松菜、青梗菜などをつけても絶対に美味しいと思います!

 

黒コンジョン。
黒は黒豆を使っているからなんですが、豆ってお腹にたまる食材ですけど、
とってもお米との相性がいいお味なのです。美味しかったな〜。

キク科の春菊には独特な風味がありますね。本日はこちらをサラダでいただきます。
果物や柑橘の果汁と合わせることで、よりフルーティにさっぱりと食べられます。

 

 

 

完成です!
カクテキは李さんが韓国で仕込んでお持ちいただきました。しっかりと漬け込まれていてお米を美味しくいただけます。
もともと韓国の唐辛子は辛味以外にも甘みを感じられる唐辛子なのでたくさん入れてもそれほど辛くありませんが、
大根と一緒に果物を漬け込んでいるので、よりマイルドになっていました。

 

お料理のレシピについて、調味料などの分量は重要なことではない。と李さんは言っていました。
料理の味つけについては個々のお好みもあります。好みで濃くしたり、薄くしたり、調整すればいいですよね。
かといって李さんの料理は大雑把なわけではありません。とてもきちんとしています。
料理で大事なのは、たとえばごくごく弱い火で人参をじっくりと蒸し焼きにして甘みを最大限に引き出すことであったり、干し椎茸のダシをとるのに、煮出しながら小さな泡立ちが消えるまで、焦らず弱火で加熱することによって、雑味をなくすことであったり……。そういう所を大事にされているんだな、と李さんのレッスンを受けると感じます。

次回のクラスも今から楽しみです!
今回もありがとうございました!