庄司いずみベジタブル・クッキング・スタジオ、23日(日)のレッスンは、
もどき料理といえば”卵じゃない卵サンド”、でスタジオのスタッフ・生徒さんをあっと驚かせた高橋直弓さん!

『リマカフェ』や『Urawabio』など、大人気のマクロビカフェやヴィーガンカフェのメニュー監修を担当してきた実力派なので、マクロビオティックのことも学べる身になるレッスン!

今回は、甘くないのでお食事パンとして食べられる、フレンチトーストを教えていただきました!
もちろん、卵・牛乳は使いません。作り方はとっても簡単なのに、この美味しさは何でしょう!?

豆乳クリームもほわっほわ!

ビーツのドレッシング。
ビーツは鮮やかで、食べる輸血というくらい栄養価も高く、他の野菜をも彩ることのできる綺麗なピンク色。けれど独特の土の匂いのする野菜で、好き嫌いも別れるのではないでしょうか?
ところがこのドレッシングは、そんなクセは一切なし!
グリーンの葉野菜の上に回しかけると、一段とサラダが映えます。

ポタージュスープ。
優しい味ながら、ポタージュの深みがしっかりとある、この絶妙な味を出せるのが高橋さん。
このポタージュはブイヨンなどを使いませんので、ニンニク・パセリなどの香味野菜をしっかりと効かせます。

こちらも卵を使わない、スパニッシュ・オムレツ。
焼き上がったものを見ると、卵のオムレツとまったくおなじ…というか、オムレツですよねー!

完成です!
ご試食用にお持ちいただいた、卵サンドも添えて。
卵を使わない、卵を使った料理が3品ずらりとプレートに並びます。
ポタージュには、カプチーノ・クリーマーであわ立てたホイップをのせて…。

ご試食中も、今日の料理のことや、マクロビオティックのこと。
食について、様々なことをお話ししていただきました。

高橋さん自身も、むかし玄米食を行っていた際、体調を悪くしてしまった時期があったそうで、
知識というものはもちろん大切だけれど、自分の心に耳を傾けて、食べるもの、食べないものを一つ一つその時の自分自身に問いかけることが大事だと言います。
食べたいものを無理やりに我慢して食べないようにすることが、本当に自分の身体にとって良いことなのか?
高橋さんもときどき無性にジャンクなものを食べたくなるときがあるそうで、そういうときは素直に自分の心にしたがって食べるのだそうです。
マクロビオティックだけにかかわらず、高橋さん流の考え方、とても素敵ですね。

さて、次回のレッスンは8月に予定されています。
また次のレッスンでお会いできることを楽しみにしております!
どうもありがとうございました!