庄司いずみベジタブル・クッキング・スタジオ、
3連休の最終日は、一年ぶりのレッスンとなりますMegさんにお越しいただきました!
Megさんといえば吉祥寺の『DEVADEVACAFE』を立ち上げ、9年間オーナーシェフをつとめた、
DEVADEVACAFEの味を作り上げた方です。

とてもお綺麗でキュートなMegさんは、普段はオランダ在住。
ケータリングや料理教室などなさっているそうです。

今回のテーマはジャンクフード!と言うことで、
ヴィーガンホットドックを教えていただきました!

まずはホットドッグのパンから。

強力粉は全粒粉とのブレンド。
発酵には十分な時間が必要だし、発酵が進みすぎてもNG。
そのタイミングも教えていただきました。

いったん、皆さんの分もパンを発酵させるために、型に入れてしまいましょう。

パンを第二発酵させている間に、デモンストレーションの続きを。

私たちの住む日本では大豆はとても身近な存在ですが、Megさんの住むオランダでは、
大豆よりもレンズ豆やムング豆などの豆類の方が身近に感じているそう。
ソーセージの材料には、大豆ミートのほか、レンズ豆などがたっぷりと入ります。

作業待機時間中に皆さんで。

皆さんの実習中に、ホットドック用のパンが続々と焼きあがってきます。

まるでソーセージです!
ソーセージにはミンチソーセージ用スパイス、というものを
オランダからご持参いただきました。
このスパイスはソーセージ以外にも肉料理全般によくオランダで使われるスパイス。
ナツメグやセージ、フェネグリークなど6種類のスパイスがブレンドされています。
使われているスパイスは教えていただいたので、好みにあったスパイスを調合してもいいですね。

ソーセージが焼けたら、いよいよ成形していきます。

ホットドックの成形が完成したら、
あとはシェイクをつくって試食です!

生徒さんたちがつくったシェイクたち。

ザワークラウトを添えて、完成です!

ホットドックにつけるケチャップは、ビーツのケチャップ。
少し手間がかかりますが、多めにつくっておけば冷蔵・冷凍での保存が可能。

最近オランダのオーガニック系のお店では、定番のポテトフライ+ケチャップが
サツマイモフリット+ビーツケチャップ、というのに代わりに流行っているそうです。

今回のMegさんのレッスンには、最近ジャンクフードから遠ざかっていた、
という方がたくさんお越しくださり、とても美味しかった!という感想も寄せられています。

Megさん、去年に引き続き素敵なレッスンをありがとうございました!
また来年もぜひ、開催できれば嬉しいです。

ご参加の皆さん、どうもありがとうございました!