庄司いずみベジタブル・クッキング・スタジオ、 本日のレッスンは、スタジオ大人気の『GOVINDA’S』オーナーシェフをされていた、 村田由恵さんによる『食べるヨガ』のレッスンでした! ヨガというと、皆さんが想像するのはヨガウェアを着て、座って呼吸を整えて… というのを想像すると思いますが、食べるヨガは身体を動かすだけではなくて、 食べること、歌うこと、生きることのすべてがヨガである、という考え方。 そして食べるヨガといえば、”味見をしない”のが特徴。 神様を想い、瞑想的に愛と感謝をこめて料理をします。 今回は、『GOVINDA’S』の顔と言ってもいいほどよくお店でつくっていたという、 豆腐ハンバーグを教えていただきました! 皆さんが「想像するハンバーグとイメージが違う!」と、 デモンストレーション中に話題になりました。 食べるだけではわからない、作って見てはじめて 「だから村田さんの豆腐ハンバーグは美味しいのか!」と理解できましたね。 今日のデザートは”アップルタルト”。 これはアップルの他に、洋ナシやかぼちゃ、さつまいもなど 様々な素材に変えることができます。 りんごの場合、酸味の強いりんごがおすすめだそうです。 お茶目でいつも楽しい、村田さんのレッスン(笑) こちらは”へベス”という柑橘。 宮崎県で江戸時代から作られているもので、はじめて栽培した平兵衛さんの名前から “平兵衛酢”という名前で売られ、それが”へベス”になったのだとか。 すだちやかぼすより酸味が柔らかいのが特徴です。 村田さんはこれをレッスンの数日前にはじめて知って、 美味しいからみんなにも知ってほしい!とレシピに加えられたそうです。 ヴィーガンナシゴレン。 ボリュームたっぷりのごはんも、大きめに薄切りにした野菜と一緒に食べることで、 思うよりもずっと軽く食べることができます。 色合いも鮮やか。村田さんが信仰するクリシュナの神は 目でも食事をするそうなので、彩り鮮やかに作ります。 アップルタルトが焼きあがりました。 いつものように、村田さんが信仰するクリシュナの神に捧げます。 村田さんが唱えるお祈りの言葉を、皆さんで復唱します。 ご自宅ではもっと長いお祈りらしいです。 捧げられたことにより、プラサーダム(=神の慈悲)が宿ったごはん。 食べるヨガに限らず、食べ物には人の意識が宿ります。 愛情を込めて作られた料理は愛の味がするのです。 だから”怒りながら料理をしない”とか、お料理をする上での 気持ちの持ち方などもお話しいただいて、とても楽しく充実した時間となりました。 今回も楽しく美味しい、すぐに実践できる料理を教えていただき、 ありがとうございました! また次回も、よろしくお願いします!