10月17日土曜日、初の試み! その道40年の寿司職人さんを講師に迎え、一日でにぎり寿司がマスターできる本格的な”野菜すしレッスン”を開催しました。
通常は何年もの修業を経て習得する技術、ご無理をお願いし、快くお引き受けいただいた講師は片見勇次さん。
PA171386

まずは酢飯の作り方から。いくつもいくつも握って練習するため、今回はなんと! ひとり3合の米を炊き、まずは各自酢飯づくりを体験していただきました。
この時点から「見てると簡単そうなのに、自分でやるとむずかしい」の声が相次ぎました。

PA171394

野菜のネタのレクチャーののち、片見さんに握り方を教えていただき、いざ練習! 最初は戸惑っていた方も、片身さんが手取り足取り、丁寧に教えてくださるおかげで徐々にさまになってきます。

PA171402

お昼ごはんのことも忘れそうになるくらい、みなさん熱心に取り組んでおられましたが……。
段々上手に握れるようになってきたところで好みのネタをのせ、ランチタイム。今回は具だくさんのけんちん汁を用意し、野菜すしと汁もので休憩です。
今回はサプライズ! 大将が好みのネタで各自に握ってもくださいました。
同じように握ってるのに「おいしさが違う!」と驚きの声があがりました。

PA171406

ランチ後はさらに握りの特訓、また特訓。さらに軍艦巻きや細巻きなども教えていただき、いくら時間があっても足りないほどです。

PA171407

少人数のクラスならではの充実したレッスン。
今回は飲食店の方などプロフェッショナルの方が半数、それ以外の方が半数の構成でしたが全員が満足できる素晴らしい内容でした。
5時間もの長時間、惜しみなく技術を伝授してくださった片見先生、ご参加のみなさん、本当にありがとうございました。
片見先生のクラスは、来年1月にまた予定しております。お楽しみに!