オリンピックに向けて、ベジタリアンやヴィーガンへの関心が高まりを見せています。

そんな中、日本経済新聞でヴィーガン特集が3面にわたって掲載されました。

 

ヴィーガンは──

「なんだか窮屈そう? 実は逆だ。

野菜のうまみや美しさを巧みに引き出したり、

聖夜くぃがユニークな工夫を生んだり。

「週末だけは菜食」という人に向けしゃれた店も増え、

今年を”ヴィーガン元年”とする声も」

こんな素敵なリードとともにヴィーガン文化を紹介するすてきな特集。

そんな中、ヴィーガンのクッキングスタジオ「庄司いずみ ベジタブル・クッキング・スタジオ」の料理クラスもとても大きくご紹介いただきました。

環境のこと、飢餓の問題、食べる人の健康のことなど、あらゆる角度から考えてこれからプラントベースの食事はますます浸透していくはずですが、「ヴィーガン料理の楽しさ、おいしさ」をしっかり伝えていくことが、ヴィーガンの料理家としての私の役目だと考えています。

ほかにも注目のレストランや団体など、ヴィーガン界の最新の動向もわかるすばらしい内容。ぜひぜひチェックなさってくださいね。

 

 

 

ベジタリアン料理、ヴィーガン料理のレッスンなら

『庄司いずみ ベジタブル・クッキング・スタジオ』

http://shoji-izumi.tokyo

ベジタリアン料理を楽しみ、学ぶコミュニティ

『ベジタリアン・キュイジーヌサロン』に参加したい方は

https://camp-fire.jp/projects/view/119002