創業140年の老舗、川越幸すしさんが取り組むフードダイバーシティは、Vegetarian Newsでも取り上げました。

世界中の誰もが楽しめる和食を提供する心意気には痺れるばかりですが、味も本当にすばらしいのです!

サロンナビゲーター、庄司も実際にお店にお邪魔し、ヴィーガン対応のコース料理をいただきましたが、職人さんのつくるヴィーガン和食がすばらしく、たくさんの方に知っていただきたく、Modoki Partyを企画! 夏の暑い週末、無事開催となりました。

前菜3種盛りからパーティスタート! 夏らしく涼しげな盛りつけと素敵なおいしさ。碗物の優しい味に期待が高まります。一品一品提供されるたびに、ご参加のみなさまから歓声があがり、撮影するのはお約束!

南瓜を器に肉あんが!

もちろん、肉は本物ではなくModoki。川越幸すしさんでは、ハラルやオリエンタルヴィーガンにも対応しているので、すべてのメニューがヴィーガンであるばかりか五葷も不使用。

なのに、うまみもパンチも十分で驚きます。

  

通常のコースでは、お食事は野菜ずしだけですが、今回は特別に! 川越幸すしさんのもどきが全部食べたいとお願いをし、ヴィーガン鰻重、ヴィーガン牛丼、ヴィーガンすしの3点セットにしていただきました。

鰻にはビックリ! 本物ではないと知ってはいるのですが……。鰻の風味までして、どうしたらこんなものが作れるのか、驚くばかり。

似た写真ですが、違います。こちらは牛丼!

牛丼は大豆ミートでもちろん牛ではないのですが……。これもリアル!

ご参加のSさんが何度も「本当に肉じゃないんですか!?」とおっしゃっていたのが印象的でした。

ご参加のみなさま! 遠くまで来た甲斐があったという声ばかりで企画した私としても嬉しい限り。

 

川越幸すしがなぜヴィーガンに取り組むのか、女将の長島貴子さんのトークタイムもあり、すばらしい内容だったのですが、聞き入ってしまい、写真は撮り忘れたのが残念無念。

が、ご用意いただいた庭の見える個室もとても素敵で、すばらしい午後となりました。

お食事のあとは、数名の方と川越散策。小江戸と呼ばれる町並をご一緒に楽しみました。

 

川越幸すしさんの鰻もどき、本当にすごい! のひと言です。

川越は遠いなぁという方のために……。鰻重の出前をとれないか、真剣に検討中。次なる企画を楽しみにお待ちくださいね!

 

*川越幸すしさまはベジタリアン・パスポート参加店です。

*2千円以上ご飲食の方ベジタリアンパスポート提示でお抹茶サービス!

*ベジタリアンパスポートは「庄司いずみベジタリアン・キュイジーヌ・サロン」が取り組む、ヴィーガン料理を作る人、提供する店、生産者などを応援するプロジェクトです。