庄司いずみベジタブル・クッキング・スタジオ、
今回のレッスンは、毎回大人気の高瀬媛子さんによる、
アーユルヴェーダレッスンでした。
たくさんの生徒さんにご参加いただき、賑やかで楽しいレッスンでした。

今回一番の注目のレシピは、”ぺサラットゥ”という南インドの朝食やおやつのようなメニュー。
キチュリと同じくご家庭で食べられるものだからか、インド料理のお店などではなかなかお目にかかれないメニュー。

ドーサと見た目は似ていますが、今回は豆のみで、発酵させる手間もありません。

高瀬さんのレッスンで何度か登場している5つの意味をもつ”パンチホロン”。
高瀬さんのレッスンでは、なかなか手に入りにくいスパイスなども購入できるのが嬉しいですね。

大根のウールガイ。なんだか貝みたいな名前の料理ですが、これは南の地域での呼び方で、アチャール(漬物)のこと。フレッシュのカレーリーフが効いてます。
ナッツのふりかけ。
実はインドにもふりかけというものが存在するのだそうです。ご存知の方も多いと思いますが、北インドはナンやチャパティといった粉物の文化で、南インドは温暖な気候なのでお米を主食にしています。なのでふりかけがあるのも頷けますね。

ご持参いただきました、バナナの葉っぱ。
きれいにするのに水で洗う、などは水が貴重だった昔ではできないこと。水を使わないで消毒する方法を教えていただきました。

おいしいだけではない、身体にとって消化に良く健康で、美しくなれる食事を常に考える。
消化力が落ちている人はなおのこと、健康な人はより健康に。
アーユルヴェーダは本当に面白いし、為になりますね。

高瀬さん今回も美味しい料理を教えていただいて、ありがとうございます!
たくさんご参加いただきました皆様、どうもありがとうございました!
また次回、高瀬さんの3月のレッスンもお待ちしております!



ベジタリアン料理、ヴィーガン料理のレッスンを受けたい方は
『庄司いずみ ベジタブル・クッキング・スタジオ』(スタジオ総合案内)
http://shoji-izumi.tokyo
*レッスンスケジュールはこちら
http://shoji-izumi.tokyo/?page_id=15968
ベジタリアン料理を楽しみ、学ぶコミュニティ
『ベジタリアン・キュイジーヌサロン』に参加したい方は
https://camp-fire.jp/projects/view/119002