毎月第二土曜日は私自身のクラス、季節ごとの野菜を使い、その時々のテーマでのベジタリアン献立を紹介しています。
5月講座のテーマは”ちょい干しと凍らせ素材で楽しむベジ献立”。
干し野菜の本を出すほど、野菜を干すことにハマっている私ですが、最近は野菜や豆腐、こんにゃくなどを凍らせることにも凝っています。
干した野菜はうまみや甘みがグーッとましたり、歯ごたえがよくなるなどいいことがたくさんあるのですが……。
野菜を凍らせると繊維が柔らかくなるので、あっという間に根菜のお煮染めができたり、茹でないのにおひたしになるなど、いいことたくさん!
また、豆腐を凍らせて高野豆腐のようにしたり、歯ごたえのいい凍みこんにゃくの食感もおもしろい。
野菜料理を生まれ変わらせる”干す”テクニックと”凍らせる”テクニック。その2つを組み合わせた献立を、今回はご紹介しました。
P5140177 copyP5140193 copy

デモンストレーションの後は実習タイム、凍らせたり、干したりするときに使いやすい状態に切ってあるので、実際に調理するときはパパッと! 手際よく準備が進むのも素敵なところです。

P5140197 copy

今回の主菜は凍らせ豆腐で作ったベジバーグ。
凍らせたお豆腐は水がしっかり抜けてスポンジのような状態になるので、キュキュッとした食感に。お豆腐バーグはまったく違ったおいしさに仕上がるのです。

P5140204 copyP5140198 copy

お楽しみの試食タイム! だいたい13時15分頃から始まることが多いのですが、その頃にはみなさんお腹も空いた頃、早く食べたい〜の声があがることも。
今回は、凍らせた素材や干した素材で食感を変えているため、「へえっ! こんな風になるんだ〜」という驚きの声があっちこっちからあがり、楽しい試食タイムとなりました。
干し野菜のジャンバラヤもうまみたっぷり、簡単なのにとてもおいしい!

ご参加のみなさん、本当にありがとうございました。
またお会いできる日を楽しみにしています。