ベジタブル・クッキング・スタジオでも大人気のクラスのひとつに、韓国の料理家、李宰蓮さんの韓国料理クラスがあります。
 食文化を研究し、大学でも教えていた李さん。韓国の伝統的な精進料理に加え、マクロビオティックを勉強しようと、数年かけて毎月のように日本に通ってきていらっしゃるほどの勉強家。



 見てください、この笑顔! 美しく聡明で、人柄もすばらしい。
 韓国ではトップクラスの人気料理家で、ソウルにある李さんのスタジオでのレッスンは、なかなか席が取れないことで有名だとか。
 スタジオレッスンに専念したいがために、テレビ出演などほかの仕事は断っているとのことですが、そんな李さんのレッスンにはテレビで人気の料理家さんや、有名なシェフなども来るほどの人気ぶりなのです。



 日本でいうと代官山か青山か!?
 閑静な住宅街ですが、とってもおしゃれなお店もポツポツと。とっても素敵な街の一角に、李さんのスタジオがあります。
 キッチンもとっても素敵!



 いつもは私が李さんをベジタブル・クッキング・スタジオにお招きする側ですが、今回は李さんが私を招いてくださったのです。目的はこちら!



「職人さんじゃなければ作れない魚介の寿司と違って、野菜ずしなら誰でも作れる。外国の方にでも!」と常々話していたところ、李さんが「韓国で教えてください」と言ってくださったのです。

「握り、軍艦、それからいなりずし!」とリクエストいただいて、韓国に油揚げはあるかしらと思いましたが……。あるのです! それもとってもちょうどいいサイズのものが! 揚げひとつでミニサイズのいなり寿司が出来るサイズ。日本にもあればいいのに!



 言葉は通じませんが、野菜ずしは伝えられます。ふだんの料理教室のわきあいあいとした雰囲気と違い、すしレッスンは熱中するあまり無口になるのは万国共通。韓国のみなさんも一心にすしを握ってくださいまいした。



 4月20日、ずいぶん時間が経ってからのリポートなってしまいましたが……。
 昼夜2クラスさせていただき、どちらも大盛況。ご参加のみなさん、お招きくださった李さん、本当にありがとうございました。



 19日午後にソウル入り、20日は昼夜ともレッスン、21日早朝にはソウル発という大急ぎの旅でしたが……。
 李さんの温かかな気遣いで、街をそぞろ歩き、オーガニックスーパーをのぞいたり、ソウルで一番のおいしさという韓国精進料理をいただいたり、楽しい滞在でした。

「素人でも、海外の方にでも気軽に作っていただける野菜のすしを伝えたい!」。
 夢はたくさんありますが、それも庄司の夢のひとつ。
 お声をかけていただけば、国内でも海外でも、都合がつけば飛んでいきます! 
 野菜のすしを作ってみたいという方は、ぜひぜひ庄司まで気軽にお声をかけてくださいね。