庄司いずみベジタブルクッキングスタジオ、毎回本当に楽しみのクラス、 今回も、韓国の大人気菜食料理家、李宰蓮さんが遥々韓国からお越しくださいました! レッスン前、リラックスして準備を進める李さん。 ずっとお話しされていましたが、手はひたすら動き続けます。   大学教授として食文化の講義を行っていた経歴を持つ李さんは、 「身体にとって、何を食べたら良いか?ではなく、何を食べなければ良いのか?考えるのが大事」と、食の知識も深く、お話もとてもお上手です。 試食中も、アレルギーのことなど、色々教えてくださいました。   本日の目玉レシピ、コングスス。 ”コン”は大豆、”グスス”は”麺”という意味だそうです。 できあがった豆乳を使用するのではなく、豆乳をつくるところから教えていただけて とても為になりました!これで自宅でも美味しい安全な豆乳がつくれます!   こちらはジャガイモのチヂミ、でんぷんが沈殿したもの。 これを使うともっちりとした食感のチヂミになります!     コングススの完成です! なんとも綺麗で爽やかな料理ができあがりました! 大豆も、もちろん韓国と日本の大豆とでは味も違います。 種類も今回は大豆と黒大豆とで味の違いを知ってほしいと、 2種類の豆乳をつくりました。 お米を入れる場合もあるそうですし、生徒さんたちの間では、 米麺や春雨でもさっぱりと食べられそう!と活用の幅も広がりそうです。 今回李さんのレシピでは豆乳を塩で味つけしましたが、韓国の南の地方では砂糖を入れるそうです。 大豆のほか、冬では小豆を使う場合もあるそうです!日本でいう、おしるこみたいですね! 韓国風野菜のピクルス。 キムチなど漬けなければいけないメニューは、いつも李さんが韓国で仕込んで持ってきてくれます。 当日作ったものは、嬉しい、お持ち帰りです! こちらは味がしっかりとついていて、ご飯が欲しくなるお味です。 生徒さんが焼いた、ジャガイモのチヂミ。 想像していたチヂミとは見た目も厚みも違います! 韓国でチヂミは、旬の野菜を使用するので、季節ごとのバリエーションがあるそうです! 他のチヂミもぜひ食べてみたいですね。   材料も作り方もとてもシンプルで簡単でした! というのも李さんは、 「せっかく料理教室に来て料理を教わっても、2度とつくることのない料理では意味がない。」 と言います。みなさんも今日教わったレシピを、これからも日々つくり続けて、 一生使えるメニューの一つに加えてくださいね。 本日もみなさん、楽しいクラスをありがとうございました!