庄司いずみベジタブル・クッキング・スタジオ、初めてのぬか漬けレッスンを行いました!
教えていただいたのは、フードコーディネーターで、様々なシーンで活躍しながら、
季節の野菜や果物をお届けする「ベジオベジコ」のディレクターを務める寺本りえ子さん。

寺本さんのご出身の宮崎のお野菜をお持ちいただきました。

 

 

まずは最初に気になるぬか漬けの身体にもたらす効果や、糠の種類、
理想的なぬか床の状態など、座学を中心にお話しいただきました。

さぁでは、いよいよぬか床からお野菜を出して食べてみましょう。

寺本さんはサラダ感覚で食べられる、浅漬けがお好みだそう。
つける時間はおそよ12時間ほど。
漬ける時間によって、味や塩分の調整ができるのも、ぬか漬けの良いところですね!

 

 

並べてみたら、あら、すごい!
なんて華やかなぬか漬けの盛り合わせでしょう!

全22種類を並べて、いろいろ食べてみましょう!

パクッと食べて、「これすっごく美味しい!今のなに?」なんて言い合いながら、
新しい発見もあり、楽しくいただきました。

 

さて、いよいよぬか床の仕込み方を教えていただきましょう!

大事なのは、発酵と腐敗の境目を決める塩分。


水分の加減は、ぬかを手でぎゅっとにぎった時に、

このように、水分がジュワッと出てくるのが丁度よい水加減だそうです。

捨て野菜と言われる、ぬか床の発酵をうながすお野菜を漬け込みます。
寺本さんオススメは、乳酸菌がたっぷりのキャベツ!

準備さえ整っていれば、15分で仕込み完了です。
ぬか漬けって、難しくないんですよ。とのこと。

あまりに可愛らしくてパシャり!
いつもは捨ててしまうヘタも、捨て野菜に使えるので、ぬか床を仕込む時は捨てないで活用しましょう!

スタジオ初のぬか漬けレッスン、皆さん楽しんでいただけましたでしょうか?
今日からぬか漬けライフの始まりですね!
美味しくって身体にも良いぬか漬けを、たくさん食べましょう。