庄司いずみベジタブル・クッキング・スタジオ、 2017年の最後のレッスンは、ヴィーガンバーガーの火付け役、 『アインソフ・リプル』ディレクター、山口さんによるレッスン! 今回はバーガーではなく、クリスマスや忘年会のパーティーシーズンに役立つ、 シェパーズ・パイを教えていただきました!   シェパーズ・パイとは、マッシュポテトをパイ皮にし、牛や羊のミートソースと重ねた、 イギリスのミート・パイのこと。 “シェパーズ・パイ”と呼ばれるようになったのは1870年代から、 それより以前は”コテージ・パイ”と呼ばれていたそうです。 貧しい人々でも手に入れやすいジャガイモと、余った肉を使って作れるこのミート・パイは、 名前は違っても世界各国であるようですね。 ベジタリアンでは大豆を使うのが一般的。今回もひき肉タイプの大豆ミートを使用しました。   作り方もシンプルで、ミートソースの上にマッシュポテトをのせ、オーブンで焼き上げる料理。 なのでミートソースには、しっかりと味をつけます。 ミートソースやマッシュポテトにはすでに加熱してありますので、 今回は、バーナーで焦げ目をつけて、オーブンは使用しません。これで完成です! トマトクリームスープはもちろん生クリームではなく、豆乳でもなく、 アーモンドミルクを使って濃厚に仕上げます。 今回のサラダ。その名も『クリスマスのチョップドサラダ』。 なぜクリスマス? なぜケール? なぜザクロ?   見れば納得。なるほど!クリスマスツリーのようなサラダですね〜。 もう、ケールが柊にしか見えません! 昔ながらのクリスマス・ツリーのような、わくわくする色合いです。 ケールも最近ではスーパーで普通に見かけるようになり、手に入りやすくなりましたね。     それでは、いただきます! パンチのあるミートソースがマッシュポテトと混じり合い、 ベジタリアン料理でよく言われる”もの足りなさ”はまったく感じられない、満足感のあるシェパーズ・パイです。 けれど肉ほど重くはなく、ペロリと食べることができます。 山口さんは、ベジタリアン料理をつくるのに、気にかけている点は?と聞かれると、 『パンチのあるしっかりとした味つけと、色です。』とのこと。 味つけもそうですがスパイスも、もの足りなさを感じさせない優秀な素材です。 今回ミートソースで赤ワインを使いましたが、通常、肉料理では臭みをとるために赤ワインを使います。 肉を使わない山口さんが赤ワインを使った一番の理由は、肉に近い色をつけること。 より肉に色を近づけることで、ベジタリアンではない人が食べても、 十分に満足することができるのかもしれないですね。 さて、今年最後のレッスンが終わりました。 今年一年間、レッスンにお越しくださった生徒の皆さん。 どうもありがとうございました! また、さまざまなジャンルで講師の方々にお越しいただき、 素晴らしいレッスンをしていただきまして、本当にありがとうございました。 来年は1月13日(土)、主催・庄司による『ベジタリアン・ベーシック・クラス』です。 日本のベジタリアン料理といえば、精進料理。 精進出汁の取り方から、お出汁を使ったレシピの数々をお教えいたします。 来年もどうぞ、皆様、よろしくお願いいたします!