庄司いずみベジタブル・クッキング・スタジオ、ひな祭りの土曜日のレッスンは、 開催のたびに大人気の高瀬媛子さんのアーユルヴェーダレッスン。   アーユルヴェーダではよく、ピッタ(火と水のエネルギー)、ヴァータ(空と風のエネルギー)、カパ(水と土のエネルギー)で体質を表します。 それぞれ個人の体質もそうですし、季節によっても、エネルギーが強くなったり弱くなったりと変化していくのです。 3月〜6月にかけてはカパが優勢となる季節。 冬の間の年末年始や、2月にはバレンタインなど…。暴飲暴食したり、お餅などもっちりしたもの、甘いものを多く摂りがちですよね。 アーユルヴェーダでは、それらの甘いもの、ねっとりとしたものは”カパ(水)”の要素で、 冬はどうしても多く摂りがち。 体内に溜め込み、カパのエネルギーが過剰になってしまいます。 カパに(水)に偏ってしまうと体にどう現れてくるのかというと、鼻水として出てきたり、花粉症がひどくなったりするそうなのです。 今のうちにカパ(水)の要素を整えておくのに良い季節なんですね。 さて、そのカパの要素を整えるのが何かというと、 やはり自然のものが体を整えるのに良いらしいのです。自然のものといえば今の季節は苦いもの! 春の旬の食材は、ほろ苦い食材が多くありますよね。 蕗の薹や菜の花などの山菜類、冬から春先にかけて美味しい春菊。 本日は春菊を使って、春菊と厚揚げのカレーを教えていただきました。   高瀬さんが考えるアーユルヴェーダとは? いつも耳にする言葉ですが、いかに消化がよく、栄養を吸収できるか。 そこに重きを置いているそうです。 白菜もしっかりと炒めることで、甘さも引き出され深みのある味になります。 今回使用したスパイス、フェヌグリークシードも、苦味があり、春に良いスパイスなんだそう。 こちらはロビア豆。大豆のような慣れ親しんだ味でした。 炊き込みゴハンにしてカレーと一緒にいただきます。   高瀬さんのレッスンでは、あまり出てこない日本米。 日本のお米は粘りと甘みがあって、そこが日本米の美味しいところではあるのですが、 消化の良し悪しで言えば、比較的に重い食材。 それに比べてインド米はパラパラとしたお米でとても軽いです。 暑い季節で消化力の落ちている時には、インド米の方がサラサラと食べ易かったりするのですが、 今回は日本米のみで。季節や体調によって、ブレンドしてもそこはご自由にどうぞ。         こちらは、高瀬さんがおまけでお持ちくださったスナック! えびせんのような揚げ方で、あっという間に膨らみます。面白い! ほんのり甘いような塩っけがあるような?小麦の風味が香って、美味しかったです。 さて、では皆さんで、いただきます! 上でご紹介してきたもののほか、インド料理ではなくてはならない”チャツネ”。 今日はなんと、しょうがのチャツネ!ディルと合わせるところがおしゃれです。 ほのかな甘みのムングダールの羊羹、優しい味のカモミールミルクティー。 冬の間に溜め込んだカパ(水)を整えるため、また消化に良い食事。 すべて考えられた献立です。 体内に溜め込まれたカパの要素は、最終的には脂肪になるそうなので、 今のうちに整えていきましょう! 今回も、盛りだくさんの内容で、メモをする手が止まりませんでした。 貴重なお話、ありがとうございました! 次回も楽しみです。 ご参加の皆様も、今回もどうもありがとうございました!