庄司いずみベジタブルクッキングスタジオ、
今回は、野菜のことならこの方に!前回も大好評だった築地御厨の内田さん、
春野菜編レッスンでした。

春の季節は、七草から始まり、野菜の一年の始まり。
春夏秋冬、それぞれの季節の旬の野菜がありますが、さらに細かく、二十四節気の中の一つ、
つい先日迎えた”啓蟄”では、たけのこ。
次に”春分”には、菜の花が一番美味しい季節を迎えます。

とても柔らかく、美味しそうなたけのこです。
皮は蒸し物の下に敷いて使うと、食材に香りも移るし、
抗菌作用もあるので良いらしいです。

レッスン前の準備の光景。
いつも内田さんのお手伝いをされているスペシャルなアシスタントさんたち。
あっという間に準備が進んでいきます。

ポモドーロ・スパゲッティーのソース。
なめらかで美しい、トマトフォンデュ。作り方もとても簡単でした!
内田さんは、トマトが一番好きな野菜だそうです。

野菜の一番美味しい食べ方を知っている内田さん。
ほとんど味づけは塩・こしょうと、いたってシンプル。
内田さんオススメのオリーブオイルは、ピリッと辛味があり、まろやかで野菜の味を邪魔しない味でした。

お店で野菜を選ぶときの野菜の見方や、
扱い方がわからない人も多いうど。
ほぼ丸ごと使える調理法など、本当に勉強になることばかりです。

うどと菜の花のマリネ、完成です。

クリアーベジスープ(ミネストローネ)も添えて、いただきます!
うどのマリネで使わなかった皮などで使ったきんぴらは、
他にもあまり野菜が入っているので、いろいろな野菜の味の旨味が凝縮されています。

野菜が鮮やかで喜んでいるように見えますね。
たけのこは甘〜いとうもろこしのような味。飛び上がるほど美味しい。
今の季節しか食べられないなんて、本当に残念です。

試食のあとも、野菜の話は尽きません。
野菜にはそれぞれに栄養がありますが、身体に良いからといって毎日食べるのは良くないそうです。
今の季節でいうと、”たけのこが食べたいな”、”菜の花が食べたいな”と、
自然と身体が欲しますよね。
旬の野菜を食べることが一番味も美味しいし、栄養価も高い。
自分のために、楽しく料理をすることが心のケアにもつながるということで、
内田さんは何よりも、『野菜を、料理をもっと楽しんでください』とおっしゃっていました。

内田さんのレッスンを受けて、わたしももっと野菜のことを知りたいな、と思いました。

内田さん、アシスタントの皆様、
そしてご参加の生徒様、今回もどうもありがとうございました!