庄司いずみベジタブル・クッキング・スタジオ、
4月15日(日)のレッスンは、2度目の開催となります
発酵食のスペシャリスト・寺本りえ子さんのぬか漬けレッスン。

昔から各家庭それぞれにぬか漬けの味がある、と言われていますが、
寺本さんのぬか漬けはとにかくフルーティーで美味しいのです!
乳酸発酵が程よいのでしょうかね、酵素ジュースのような香りがするんです。
そんな寺本さんが発酵食に目覚めたきっかけはなんと、酵素シロップなんだそうです。
このお話も、私たちが知る酵素シロップとはまた違い、興味深かったです。

ぬか漬けは身体に良いのは有名な話ですが、何がどう身体に良いのか?
自分の健康状態を知るためにすぐ出来ること。それはお通じの状態を知ること。
便は”たより”と書きますが、その名の通り、身体からのお便りなんですね。
便秘でも下痢でもだめ。
善玉菌と悪玉菌が戦って、腸内細菌のバランスをとっていますが、
便秘になると、添加物や腐敗物が体内に溜まったままということになり、
のちのちガンの原因にもなるらしいのです。
その逆も然り、緩くても、栄養を吸収できないまま体外に出てしまいます。

ぬか漬けによって、腸内細菌を整えることが出来ること、
そして糠によって、栄養価を倍増させることができること。
これはもう、ぬか漬けを食べないなんて、もったいないですよね。

寺本さんがオススメする、VEGERYの生糠。
スーパーなどで一般的に売られている糠は、ほとんどが炒り糠。
ご自宅に精米機などがある方は、精米して出た糠を使うと良いです。
精米機が欲しくなっちゃいますね。

昆布や唐辛子を加えて。
寺本さんオススメは柚子の皮や山椒の実!
とくに山椒の実は、フレッシュなものを買える時期にたくさん買って冷凍にしておくこと!
山椒…想像するだけで美味しそうです!

加えるものは本当に人それぞれ。
ビールを加える人もいれば、ヨーグルトを加える人も。
だから家庭ごとに味が違うということなのでしょうね。

これでぬか床は完成です。
なんと、準備さえできていれば、10分ほどの作業。
ぬか床を作るのってこんなに簡単だったんですね。

さて、では、12時間ぬか床に漬けた野菜をみなさんで見てみましょう。

よく寺本さんは、『糠って食べられるんですか?』と質問を受けるそうで、
答えはもちろんイエスです。
かくいうアシスタントNも、改めて考えるとハッとしてしまいました(笑)
糠はもともと玄米の表皮ですし、売り場でも食品コーナーに置かれているのに、
なぜついつい食べれるのかな?と不安に思ってしまうのでしょうね(笑)
ぬか床の糠はどんどん味見をしてください、とのことです!

ここでは、ぬか床から野菜を取り出すタイミング(漬かった状態の野菜)や、
糠の落とし方(洗い方)など、やってみて初めて生じる疑問などポイントをお勉強しました。

今回20種類の野菜をぬか漬けにしてお持ちいただきました!

とても鮮やかなぬか漬けたちなので、彩り良く盛りつけて、
“きれい!”や”美味しそう!”とめいいっぱい感じてください!

そうすることで、”セロトニン”という物質が脳内で分泌されるそうです。
これは別名、ハッピーホルモンと言われ、最近メディアなどでよく聞きますね。
イライラやストレスを抑えてくれるホルモンです。

盛りつけまで楽しんで、目でも口でも食べ物を食して、
ハッピーホルモンをたくさん出しましょう!

今回ご参加の皆様は、
帰ってすぐに使える、寺本さん特製のぬか床もお持ち帰りいただいておりますので、
ぜひ楽しいぬか漬けライフを送ってくださいね!
ご参加、ありがとうございました。

さて、寺本さんの次回のレッスンは、甘酒をテーマに予定しております!
次はどんな発酵のお話を聞けるのか、今から楽しみです!

寺本さん、次回もどうぞよろしくお願いいたします!