庄司いずみベジタブル・クッキング・スタジオ、
昨日24日(日)のレッスンは、鹿沼のお野菜にこだわったベジタリアン・フレンチレストラン『AN-RIZ-L’EAU(アンリロ)』のシェフ、上村さんに
好評につきスタジオでは3回目のレッスンとなります、「アンリロの基本メニュー」を教えていただきました!

アンリロの料理は、男性でも満足できるしっかりとした味つけでとにかく美味しい。
それなのに作り方はとっても簡単。
そんな上村さんのレッスンでは、絶対に欠かすことの出来ない道具がミキサーです。
毎回ご持参いただいておりますが、壊れたりすると本当に困るそうで、お店にも予備がたくさんあるのだとか(笑)

フルーティーでクリーミー、そして韓国唐辛子がピリリとアクセントの『オリエンタルドレッシング』。

何にでも合わせられる万能ソース、『ニラのジェノベーゼ』。
つくりたてのそのフレッシュさは、本当に驚きです!
鹿沼は数ある野菜の中でもニラが特産品。ニラ蕎麦が有名なのだそうですが、
もっと洋風にもニラが使えないだろうか?と考えられたのが、このニラのジェノベーゼなのだそう。

ケークサレには季節の野菜を入れて。

フワッフワのケークサレは朝でも夜でもおやつにでも食べたいくらいです。

上村シェといえば、その”魅せる”盛りつけもいつも大好評!
配置から盛りつける色の順番まで、とても詳しく丁寧に教えていただけて、本当に目から鱗が落ちる!という感じです。

アンリロ名物のにんじんフライ。
食感もその甘さも、一度は経験してほしいものです。

彩り鮮やかな鹿沼の野菜たち。
アンリロでは、食材の買い出しをそれぞれの担当が自分でまちの駅まで買いに行くのだそうです。
それぞれバラバラに食材を買い出しに行くというのは、効率が悪いということは十分にわかっているそうなんですが、上村さん曰く「食材の買い出しというのは一番楽しいところだから、他の人にやらせたくない」のだそうです(笑)。
まちの駅は上村さんにとって、モチベーションの上がるパワースポットなんですね!

前回は白いプレートでしたが今回は木のボードに。温かみを感じられる盛りつけですね!
鹿沼のお野菜たちは、ひじきのバーニャカウダにつけたり、ジェノベーゼにつけたり、
うーん、どちらも美味しいです!

今回の「アンリロの基本メニュー」というのは、レッスンでは必ず一番最初に教えている内容だそうです。
こんなに全部公開してしまっていいの!?と思うほど、出し惜しみせずに教えていただいて本当にありがたいです。
紹介いただいたドレッシングは、日持ちするのも嬉しいところ。

3回目となる「アンリロの基本メニュー」、1回目・2回目と、どうしても予定が合わずに逃してしまってやっと来れました!という生徒さんも。
次回の9月のレッスンでは、7ヶ月ぶりとなる新作のメニューを教えていただけるので、
皆様どうぞお楽しみに!

ご参加の皆様、上村シェフ、どうもありがとうございました!