庄司いずみベジタブル・クッキング・スタジオ、21日(土曜日)のレッスンは冷やし中華でした! 冷やし中華といっても、当スタジオはヴィーガン教室なので、市販されている中華麺は使えません。 ですから本日は、麺打ちからはじめます! 難しそうに思う麺打ちも、実は意外に簡単なのです。 麺は茹でると思った以上に太さがあります。 できるだけ薄くのばして、できるだけ細く切るります。 よくこねればこねるほどコシのある麺になります。 さて、皆さんも実際に麺を打っていきましょう。 種にして30分寝かせている間に、冷やし中華の具をつくっていきます。 几帳面な生徒さんが多かった本日。スープのしめじを綺麗に手で裂いてくださいました。 棒々鶏風は、大豆ミートを使って。 いろいろな戻し方がありますが今回は水戻しをすることで、鶏肉のような食感が残るようにします。 この状態で、一日冷蔵庫で寝かせた方が、よりコシのある美味しい中華麺になります。 冷凍もできます。簡単! 麺の細さに応じて、2〜3分茹でて、水でしめれば完成です! ツルン!っとしたのどごしの冷やし中華の完成でーす! 冷やし中華のタレは、レモンをきかせてさっぱりと。 多めにつくって、いろいろな料理にアレンジして使える便利なタレです。 市販の中華麺には卵が通常入っているので、こうやって手づくりすれば卵アレルギーの方でも食べることができますね! ご参加の皆さんにも、思ったよりこんなに簡単にできるなんて!家でもつくります!と喜んでいただけました。 ご参加の皆様、楽しいレッスンをありがとうございました。 みんなで麺打ちするのって楽しいですね。 暑い日がこれからもまだまだ続きますので、活用してくださいね!